ニュース

小学校で肌着禁止!男性教諭が確認後着用許可!?

こんにちは、meroです!

日本の学校の規則って、なんでそんなこと守らなきゃダメなのかな?っていう規則、たくさんありましたよね?

それも、学校によって様々規則が違います。

そんな小学校の規則についての物議が醸されています。

『小学校で肌着禁止!男性教諭が確認後着用許可!?』と題しまして、ある小学校の体育の時間の体操服の下に肌着を着るのを禁止!という規則について調べてみました。

小学校で肌着禁止!

川崎市立の一部の小学校で体操服の下に肌着禁止!という規則があることで、今回大変問題になっているようです。

3月上旬に行われた予算審議会で、山田瑛理議員が「多くの子供が “いや” と言っている。」と言及したことがきっかけで、同市教育委員会は見直しも含めて再度検討することを明らかとしたそうです。

小学校で肌着禁止?

そんな規則、馬鹿馬鹿しいですね!

女子とか男子とかに限らず、寒がりな子もいれば、暑がりな子もいたり、体の弱い子もいれば、強い子もいます。

山田議員が、川崎市の担当者に現状を角にしたところ、「運動後の汗などによって身体を冷やさないなど児童の健康面や衛生管理面の配慮から、主に低学年の児童に対し、体操服の下に下着を着用しないよう指導している学校が一部ある」と確認したそうです。

『肌着禁止』のルールは、川崎市以外の地域でも存在しています。

男性教諭が確認後着用許可!?

今回の最大のビックリする出来事は、下着の着用の許可に、男性教諭の確認がいることです!

『肌着禁止』のルールがあった学校に娘を通わせている母親が、必要性を問いただすと、「皮膚の鍛錬のため。」と説明され、これに対し、抗議すると、”担任の男性教諭が個別に確認し、胸の成長が確認できたら、肌着着用を認める”となったそうです。

しかし、これでは、子供の気持ちを無視した行動になるため、さらに抗議し、その後やっと『肌着着用OK』となったそうです。

私が小学生の頃もそうでしたが、着替える時も男子と女子で部屋を分けていたと思います。

それに、子供心に女子同士でも恥ずかしくて、服の上から服を被って着替えたりしてました。

それを男性教諭の確認なんて、絶対お断りです。

このことについては、教育委員会で再度話し合いをされるそうですが、話し合うまでもなく「男性教諭の確認禁止」「肌着着用OK」にすべきですね!

まとめ

『小学校で肌着禁止!男性教諭が確認後着用許可!?』をお伝えしましたが、いかがだったでしょうか?

肌着以外でもいろんな問題がありそうな学校。

子供は決められたルールを守ろうと素直な分、もっと配慮してほしいなと思いました。

問題ばかりではなく、いいな!と思うことばかりになることを願いましょう。

それでは、ここまでとさせていただきます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。